豊川市観光協会HOMEへ
御油の松並木



御油町は江戸時代、東海道53次の35番目の宿として栄えてきたまちで、現在でも古い家並みが続いています。
御油の松並木は、この御油の家並みの続きにあり、現在、約300本の松の大木が並んでいます。
弥次さん、喜多さんで有名な「東海道中膝栗毛」の舞台になった所で、昭和19年に国の天然記念物に指定されています。
御油宿のあった御油町とともに、情緒たっぷりの散策が楽しめます。
また「御油の松並木資料館」には、地元に残る貴重な資料100点余が展示されています。

御油の松並木案内

■住所
県道374号線御油近辺
■交通
・名鉄名古屋本線「御油駅」下車徒歩約15分
・東名高速「音羽蒲郡IC」より車で約10分
■問い合わせ
豊川市観光協会
TEL:0533-89-2206 FAX:0533-89-2276
場所を調べる周辺のお店を探す

より大きな地図で 豊川市観光マップ を表示


ただいま口コミ情報を表示できません

こちらは口コミ情報になります。
要望、ホームページ不備などの口コミ情報以外は削除させて頂きますのでご了承ください。
また、口コミ情報以外は直接観光協会にお問い合わせください。
■豊川市観光協会問合わせ先:(0533)89-2206

豊川市観光協会ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる御油の松並木トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.