観る

御津神社みとじんじゃ

海エリア(御津) / 神社仏閣
御津神社
写真投稿に参加する

御津神社の祭神は大国主命で、紀元前に建てられたといわれています

御津神社の祭神は大国主命で、創建年月は西暦以前にさかのぼるといわれ、あまりにも古く記録がないため不詳です。  
御津町の歴史も古く、8代天皇の孝元天皇(西暦前200)が当国の行幸の時に、御船を此の津に寄せられたことから、当地を御津湊とされたことが惣国風土記に記されています。
その時、天皇は既に此の地にあらせられる神社に対し、御津神社の名を賜ったとされています。
境内にそびえる大楠は神社のシンボルで、樹齢1,000年を超える町内最高齢の樹木です。

 

烏賊(イカ)まつり(例大祭)

毎年4月の第3土曜日の例大祭の前日に行われる祭事です。
大国主命が海から此の地に降りる時、船にイカを積み振るまわれたと伝えられ、祭礼の前日にはイカ祭りを行い、故事に習います。

詳細データ

名称 御津神社 (みとじんじゃ)
所在地
交通アクセス JR東海道本線「愛知御津駅」下車 徒歩約15分
東名高速「音羽蒲郡IC」より車で約15分
-sponsor-
豊川信用金庫
ページのトップに戻る
今日の運勢 おみくじ