観る

小渡井の枡井戸こどいのますいど

音羽蒲郡インターエリア(長沢/萩) / 自然

この井戸には、聖徳太子にまつわる伝説が語り継がれています。

長沢町にある「小渡井の枡井戸」は、国道1号を岡崎方面に向かい、東名高速道路の音羽蒲郡インターチェンジを越えたあたりを左折し、山中を進んだところにあります。近くには「霊水枡の井」と記された石柱があり、木の根元にある岩間の枡のようなくぼみに清水がたまり、そこから涼しげな音とともに流れ出ています。
 この井戸には、聖徳太子にまつわる伝説が語り継がれています。昔、聖徳太子が馬でこの辺りを通りかかったときに、折からの暑さで喉が渇き水を望まれたそうです。家来が見つけた枡のような井戸の湧き水を口にした太子は、その清く冷たい水に感動して、太子自ら「小渡井枡井戸」と名づけられたそうです。このお水でお米を炊くとおいしいといわれ、水をくみに来る人が大勢います。


詳細データ

名称 小渡井の枡井戸 (こどいのますいど)
所在地 愛知県豊川市音羽町長沢
交通アクセス 名鉄「名電赤坂駅」下車徒歩約20分
東名高速「音羽蒲郡IC」より車で約6分
駐車場 なし
-sponsor-
豊川信用金庫
ページのトップに戻る
今日の運勢 おみくじ