観る

豊川稲荷とよかわいなり

豊川稲荷周辺エリア / 神社仏閣

商売繁盛の神様として全国的に知られる豊川稲荷。 豊川稲荷は、妙厳寺の境内に鎮守として祀られた「豊川枳尼真天」の通称です。 およそ、600年前の室町時代に開創され、今川義元、織田信長、豊臣秀吉、大岡越前守忠相、渡辺崋山などの武人、文人達の信仰を集めました。 さらに江戸時代には、庶民の間で商売繁盛、家内安全、福徳開運の神として全国に信仰が広まりました。 京都の伏見稲荷とともに日本三大稲荷とされ、年間数百万人の参拝者が訪れます。

豊川稲荷年間行事
初詣 1月元旦~15日 春季大祭(豊年祈願祭) 5月4~5日
豊川稲荷初詣風景
新年には、全国から平和と幸福を祈願する参拝者が訪れ、特に元旦は、総門が開かれると新しい年を境内で迎える善男善女でにぎわいます。
豊川稲荷春季大祭へ
別名「豊年祈願祭」ともいわれ、勇壮な御輿渡御や美しく着飾った稚児行列などのほか、江戸情緒を再現した「富くじ」や青空市などのイベントもあります。
詳細




みたま祭り(盆踊り) 8月7~8日 秋季大祭(鎮座祭) 11月22~23日
みたま祭りへ
昭和20年8月7日の「豊川海軍工廠」の爆撃により多くの尊い命が失われました。この霊をなぐさめるための盆踊り会で、豊川稲荷の境内と、豊川駅前で盛大に行われます。
詳細
秋季大祭へ
豊年感謝祭であり、神輿渡御や稚児行列が賑やかに行われますが、境内に高さ10m・直径5mの一対の大提灯が掲げられるため「大提灯まつり」とも呼ばれ、夕闇とともに点灯されるその姿は実に幻想的です。
詳細




旧2月 初午日  
初午祭とは、2月最初の午の日に行う稲荷神社の祭礼をいいます。その年の豊作を祈った農村のお祭が原型で、それに、稲荷信仰が結びついたものといわれています。さらに、各地で商業や、その土地の産業などと結びついて、初午の行事もにぎやかに行われるようになりました。初午詣でをすると農家は五穀豊穣(ごこくほうじょう)、商家は商売繁盛のご利益があるとされています。
 
   
月例祭(御縁日) 毎月22日
 
月例祭(御縁日) 月例祭(御縁日) 
毎月22日に、骨董市や花苗・お饅頭の販売などが開催されます。
月例祭(御縁日) 月例祭(御縁日) 月例祭(御縁日)

詳細データ

名称 豊川稲荷 (とよかわいなり)
所在地 豊川市豊川町1番地
電話番号 0533-85-2030
交通アクセス JR飯田線豊川駅・名鉄豊川線「豊川稲荷駅」下車徒歩5分
問い合わせ先 豊川稲荷  0533-85-2030(代)
公式ホームページ https://www.toyokawainari.jp
とよかわクールスタンプラリースポット
-sponsor-
豊川信用金庫
ページのトップに戻る
今日の運勢 おみくじ