買う

国府の市こうのいち

名鉄国府駅エリア / お土産
国府の市

赤坂陣屋の代官・国領半兵衛が貞享2年に家臣に命じて市を開かせたのが始まりです。名物は厄除け餅で、これを食べると夏病みの難を逃れるといわれています。

赤坂陣屋の代官・国領半兵衛が貞享2年(1685)に家臣に命じて市を開かせたのが始まりです。
当初は4日、9日の六斎市でしたが、現在では「歳の市」として毎年2月11日に開かれています。
旧東海道沿いに陶器市や植木市、露店などが並びにぎわいます。
名物は厄除け餅で、これを食べると夏病みの難を逃れるといわれています。

詳細データ

名称 国府の市 (こうのいち)
所在地 国府町内 旧東海道沿い(豊川市国府町流霞付近)
営業時間 2月11日  9:00~17:00頃
交通アクセス 名鉄名古屋本線「国府駅」下車徒歩約8分
-sponsor-
豊川信用金庫
ページのトップに戻る
今日の運勢 おみくじ