豊川市観光協会HOMEへ
古谷山 誓林寺


誓林寺
鎌倉時代、清和天皇の流れをくむ源氏の武士に高梨高直がいました。嘉禎元年(1235年)、高直は親鸞聖人(62歳)がこの地に逗留された折り、教えを受けて出家しました。誓海坊の名を賜りました。その頃は、額田郡山中村に庵をおいておりました。応仁年間(1467年〜)の住職信海は音羽の地に移りました。蓮如上人より寺号を誓林寺、山号を乙葉山を賜りました。その後、領主松平氏により古谷山と改められました。本堂は建て替えられ、現在は、文政七年(1824年・棟木より)建立されたものです。住職は昭和五十九年(住職継承法要)より二十七世了覚となりました。

毎月11日に、東日本大震災の追悼法要を14時頃から行っています。
詳しくは誓林寺までお問い合わせください。

古谷山 誓林寺案内

■住所
豊川市長沢町下市3
■交通
・名鉄名古屋本線「長沢駅」下車 徒歩約5分
・東名高速「音羽蒲郡IC」より車で約5分
■問い合わせ
誓林寺
TEL:0533-87-3305
場所を調べる周辺のお店を探す
誓林寺 フォト

より大きな地図で 豊川市観光マップ を表示


ただいま口コミ情報を表示できません

こちらは口コミ情報になります。
要望、ホームページ不備などの口コミ情報以外は削除させて頂きますのでご了承ください。
また、口コミ情報以外は直接観光協会にお問い合わせください。
■豊川市観光協会問合わせ先:(0533)89-2206

豊川市観光協会ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる誓林寺トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.