豊川市観光協会HOMEへ
小渡井の枡井戸


小渡井の枡井戸


長沢町にある「小渡井の枡井戸」は、国道1号を岡崎方面に向かい、東名高速道路の音羽蒲郡インターチェンジを越えたあたりを左折し、山中を進んだところにあります。近くには「霊水枡の井」と記された石柱があり、木の根元にある岩間の枡のようなくぼみに清水がたまり、そこから涼しげな音とともに流れ出ています。
 この井戸には、聖徳太子にまつわる伝説が語り継がれています。昔、聖徳太子が馬でこの辺りを通りかかったときに、折からの暑さで喉が渇き水を望まれたそうです。家来が見つけた枡のような井戸の湧き水を口にした太子は、その清く冷たい水に感動して、太子自ら「小渡井枡井戸」と名づけられたそうです。このお水でお米を炊くとおいしいといわれ、水をくみに来る人が大勢います。

小渡井の枡井戸 案内

■住所
豊川市長沢町音羽
■交通
・名鉄名古屋本線「名電長沢駅」下車徒歩約20分
・東名高速「音羽蒲郡IC」より車で約6分
■問い合わせ
豊川市観光協会
TEL:0533-89-2206 FAX:0533-89-2276
場所を調べる周辺のお店を探す
小渡井の枡井戸 フォト

より大きな地図で 豊川市観光マップ を表示


ただいま口コミ情報を表示できません

こちらは口コミ情報になります。
要望、ホームページ不備などの口コミ情報以外は削除させて頂きますのでご了承ください。
また、口コミ情報以外は直接観光協会にお問い合わせください。
■豊川市観光協会問合わせ先:(0533)89-2206


豊川市観光協会ホームページへ場所を調べる周辺のお店を調べる小渡井の枡井戸トップへ
Copyright (C)2010 豊川市観光協会 All rights reserved.